FC2ブログ

ken’s hands dive style

ダイビング情報&葉山の海のことならなんでもお任せください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10/15 鎌倉手話サークルへ行ってきました@ろう者にも・・・。


fc2blog_201410151454366d8.jpg

久しぶりに鎌倉の手話サークルへ行ってきました~!!

鎌倉手話サークル笹りんどう

雨が降っていたせいか、いつもより参加人数は少なく感じました。
といっても、僕が久しぶり過ぎて最近の状況を知らないだけかもです^^;;

では、今日のことを少しお話します。

聴覚障害者の方には、ろう者、難聴者、中途失聴者、老人性の耳が遠くなる方と様々です。
その中で、ろう者の中でも手話が使える環境と、使えない環境で育った方では、違いがあるということです。

ろうの子供が普通学級で学ぶことを統合教育=「インテグレーション」といいます。
ほとんど手話を使わず、口話だけで学ばなくてはなりません。
将来的に、社会に出たときに、手話よりも口話の方が必要になることが多いからです。

しかし、ろう学校内で、手話を使っていいクラスと、使ってはいけないクラスがあったそうです。
何故だかわかりません。
がしかし、小さい頃に手話を学ぶことが少しでもできていれば、社会に出たときに手話を必要とする人達に対しても、役に立つことも多いと思いました。

僕は聴覚障害者の方に会った時、その方のことを知りたいので必ず聞くことがあります。
「手話はいつから勉強したのですか?」と。

すると、みなさんバラバラなのです。
中学から、高校から、大学に入ってからなど様々です。

地域などの状況で手話を覚える時期が違うってことは、ろう者同士でもコミュニケーションが取りづらいってことなのです。
ろう者の中でも、一人ぼっちになることもあるんだとか、、、。

そんな現実があるってこと、知りませんでした。

少なからず、「手話を知る」=「ろう者を知る」という事、そして、
ろう者「聴覚障害者」の理解者の一人でありたいと思いました。


END.




↓本日のもうひとつの記事はこちら↓
10/15 伊豆ダイブサファリ
fc2blog_20141015142354f82.jpg fc2blog_20141015142411a1e.jpg

お問い合わせは杉木まで!!







スポンサーサイト
[ 2014/10/15 21:49 ] 手話通訳士 | TB(0) | CM(0)

10/14 手話ダイビング講習@出会いのすばらしさ

手話担当インストラクター 杉木です。


先日の三連休に聴覚障害者ダイバーが誕生しましたが、今回が初めてではありません。

実は手話を学んですぐに聴覚障害者のお客様がいらっしゃいました。

その時は、挨拶程度しかできなかったので、ほとんど筆談で対応させていただきました。
手話5% : 95%筆談 
ほぼ筆談。もちろん口話も使っていますが。。。

あの頃の自分と比べると,だいぶ進歩したなぁ~と実感します。
手話講習会やサークルに通っている時は、本当に手話を使って会話ができるのかなと何度も思っていました。

しかし、今こうして手話を使った講習を実際にしてみて思ったことは、陸上でも水中でも聞こえないということをしっかりと認識し、それを考慮した説明をしないといけないと感じました。

色々積み重ねた結果、今では手話100%です!!(口話付き)

ブリーフィング、スキル説明、学科講習、注意点等、全てにおいて説明ができるようになりました。

が、通訳者でもないボクの手話が果たして合っているのか、そして伝わっているのか?という疑問もありますし、
一方的ではなく、相手が何を言いたいのか読み取る技術も必要です。
どのようなかたちであれ、何が言いたいのか、何を望んでいるのかを知るには会話が大切ですよね!! 


説明するにあたり、自分の身体がなるべく真正面にいないと口も読み取れないし、手話が見えません。
ダイビング器材の準備の時は、器材を持ち、見せながら説明します。
手話を使うことができなくなる分、どのように説明したらいいのか考えました。

最小限の片手の手話と口話でカバーできますが、多少時間がかかります。
あとは目で見て覚え、真似してもらうしかありません。

また、ダイビングの一つ一つの動作には理由があります。
勉強してきているとは言え、実際にはどのようなことが起こるのかを、きちんと説明しないと、事故につながります。

健聴者の時も同じく、「言っておけば良かった」というような事がないように確実に説明しました。

水中は音のない世界
いわゆる会話をしなくても楽しめる舞台。そこには楽しいこと危険なことも、つきものです。
誰だって楽しめる遊びです。

最初の一歩さえクリアできれば、今後のダイビングライフがきっと楽しめることでしょう!!

僕の手話講習が間違ったものであってはいけませんので、これからも頑張ります!!

end.

fc2blog_20141004213002a6e.jpg 

[ 2014/10/14 15:38 ] 手話通訳士 | TB(0) | CM(0)

10/7 手話通訳技能認定試験で杉木が!!?

みなさん、こんにちは

手話通訳士試験を終えた、杉木です


手話通訳士試験とは?

いったいどのような試験なのか、実際に体験してきましたので
その様子を皆様にお届けしたいと思います。

fc2blog_20141005193556e1f.jpg

試験内容は「学科試験」と「実技試験」の二つ。
試験は二日間にて行われます。
一日目に学科試験、二日目に実技試験の日程です。
ちなみに僕は去年の試験で学科試験をパスしているので、今年の試験に持ち越しが可能。
ということは、二日目の実技試験のみ!! 

その実技試験のレポートを致します。

実技試験内容は「読み取り通訳」と、「聞き取り通訳
読み取り通訳とは、手話による問題を、音声で答えます。
聞き取り通訳とは、音声で流れる問題を、手話で表現します。

試験は午前と午後の部に分かれて試験を行いますが、僕は午後の部でした。
午前午後合わせて受験者人数は約400人ぐらいでしょうか(椅子の数をざっくり数えて)

午後の部だけでも200人近くの受験者がいました。
男女比は1:9で圧倒的に女性が多く、また僕よりも年上の方がほとんどです。

試験は約16人を一組として臨みます。
13時頃の集合時間に対し、実際に僕の試験時刻は約3時間後の16時過ぎでした。
ただひたすらパイプ椅子に3時間座りっぱなしで、正直試験が始まる前に、疲れきっていましたね。
 
しかし、その間はしっかりとイメトレしていましたが、なにせ待ち時間が長い。

僕よりも後の人もいましたので、「このシステムは、なんとかならないか!!」と思ってしまうのは僕だけじゃないと思います!!


そして、ようやく僕の試験時間がきました!
最初は「読み取り通訳試験

ひとりひとりに割り振られた番号があり、僕は8番!!
番号が書いてある個別の試験室に入ると、テレビとマイクがあります。
テレビの前に座るとすぐに試験が始まりました。
試験問題は2問。
マイク片手に、受験番号と氏名を言うと、テーマに沿った手話の映像が流れます。

何を話していたのかは、ある程度把握できましたが、正しい日本語表現で通訳できたのかや、
読み落としている部分があったかもしれません。
解らない単語があると、話が途切れてしまいますので、必死でした!!

映像が終わるとすぐに退室し次の「聞き取り試験」室へ移動します。


次に「聞き取り通訳試験」では、ひとりひとり仕切られているブースへ入ります。
アナウンスが流れ、受験番号、氏名を手話で表現します。
その後、試験問題が2問流れ、手話で表現します。
ブースの前にはビデオカメラがスタンバイしており、カメラに向かって表現します。

「聞き取り通訳」は、いわゆる通訳の花形「同時通訳」です。
経験がモノをいう試験なので、正直できなかった部分もありましたが、
遅くても自分なりにできる手話表現で、手を止めずにやりきりました。

ビデオカメラの前に立つと、ただならぬ緊張感がありましたが、無事に終わってほっとしました。
 
 

帰りの際に試験の解答を貰うことができます。
自分なりに「読み取り通訳」の答え合わせができます。

自己採点で、だいたいの合否がわかりますね。

結果はどうあれ!!今後も聴覚障害者の皆様が安心してダイビングをしていただくために
まだまだ練習が必要だと感じております。

これからも杉木の手話は続きます。


ちなみに何故スーツに着替えたかといいますと、、、。
fc2blog_20141007170743672.jpg 
手話通訳技術以前の問題で、印象が悪いと技術うんぬんではないと思います。
手話をするにあたり、派手な服装は手話が見にくかったりします。
通訳者はTPOに合わせて、服装をあらかじめ決めています。

今回は通訳者という精神を持って挑んだ試験でありました!!

もちろん、スーツじゃないとダメ、という基準はありませんので、そのような方も中にはいました。


さて、その試験結果は2015年1月30日
先の事ですが、これからも手話活動をして行きますので、よろしくお願いします!!


10/5 手話通訳技能認定試験後,記事




10/13
ヨガ×ダイビング
fc2blog_201410020107575c2.jpg
た、台風こないでくれー!!





[ 2014/10/07 15:23 ] 手話通訳士 | TB(0) | CM(0)

10/5 手話通訳技能認定試験を終えて@台風後の海に期待!!

手話通訳士への道

厳しいとは解っていても
挑戦することができるなら、そのイバラ道、歩こうじゃないの!!

そのイバラの道

本日10/5 手話通訳士試験でした!!
正式名称【手話通訳技能認定試験】を受けてきました!.
台風の為、足元も悪く、スッキリいきたいところですが、こればっかりは仕方ありませんね(^^;;
皆、同じです。

この試験は、一年に一度の試験。
毎年、全国合わせて約1000人の受験者がいますが、約20%の合格率。
日本に『手話通訳士』は約3000人しかおりません!!(登録通訳士)

果たして手話通訳士の一員になれるのでしょうか!!

試験結果は来年の1月末。
だいぶ先ではございますが、試験が終わってからもボクの手話通訳士の道は終わりはありませんので、これからも【誰の為】に【なんの為に】を考えていきますので、これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


久々のスーツ(^^;;

シャネル前( ̄▽ ̄)ミーハー!!




台風襲来!?

しかーし、台風一過は最高の海が待っていますよ!!


みなさま、明日の通勤通学はお気をつけ下さい。





[ 2014/10/05 20:14 ] 手話通訳士 | TB(0) | CM(0)

9月1、2、3、レンキューダァー!!@BBQ?


夕方になれば、蝉も鳴き止み、コオロギか鈴虫?などの鳴き声がよく耳に入ってきます。

秋です、かね...。


こんばんは
杉木です。


しかし日中はとてもイイお天気!!

海に行きたくなります。
そんなこんなで、明日から三連休!!
15日は『barbecue』です!! 
fc2blog_2014091218491519e.jpg 
全力でダイビング&ゴミ拾い&バーベキューを楽しみましょ~!!
まだまだ、参加者募集中!!
ご連絡下さ~い!!

ちなみに、BBQの語源は「丸焼き」を意味するスペイン語の【barbacoa】
英語圏になると、cueが、Qになるとか…(wiki) 


今年は行ける時に行こう!!
神子元ツアー
段9月27日(土)~28日(日)

27日(土)伊豆海洋公園ビーチダイブ 
      南伊豆宿泊予定
28日(日)神子元ボートダイビング

fc2blog_20140911230900516.jpg

そして、平日ツアー開催!!
10/6~8前後を予定しております!!
前泊ツアーです!!

今が旬の海でダイビングしに行こう!!


10月もまだまだ遊びますよ~!! 
   fc2blog_201409121854478cc.jpg
ダイビングビール花火ドリームタイムです!!





湘南DIVE.com海info.
shonandive.photo

湘南DIVE.comブログ



fc2blog_2014091218533704d.jpg


[ 2014/09/12 18:54 ] 手話通訳士 | TB(0) | CM(0)
東京第3-6615旅行業免許取得
ダイビングスクールでありながら
旅行会社でもありますので
ツアー手配や企画も自信アリアリ
https://shonandive.travel
チーフインストラクター
STAFF SUGIKI.30s
手話でのダイビング講習!
ご案内可能ですっ♪
sugiki@shonandive.com
   shonandive.手話
shonandive.手話会員募集中! sugiki@shonandive.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。